フランチャイズ事業

事業形態の1つにフランチャイズがあります。
フランチャイズは、本部に該当する企業が開発した商品を提供する権利、商号や商標について使用できる権利、そして営業上のノウハウを提供することで、これに対応する対価となるロイヤルティーを受け取る事業契約です。

現在日本では多くの店舗がフランチャイズ契約を行い、事業を経営している人がいます。
中でも数多く利用されているものにはコンビニエンスストアなどの小売業の他にも外食産業に該当するラーメン店や弁当屋そしてファーストフード等が該当します。
また、最近では自動車の販売業や整備業そしてフィットネスクラブだけでなく学習塾やレンタル業でも同じフランチャイズを行っている場合があります。

いろんな業種や業態で行われているフランチャイズは、日本では1960年代に初めて契約された事業形態ですが、郵便局についても広い意味でフランチャイズに該当する事業であると言えます。
フランチャイズの利点としては、すでにあるノウハウ等を利用することができるので、すぐに事業を行うことができ、知名度により集客力がある程度備わっていることになります。
そのためすべてを最初から行う必要がないので、経験や知識がなくても誰でも行うことができる特徴があります。
しかし、その半面トラブルや経営不振に陥るフランチャイズ契約も存在しており、契約のときには十分に注意する必要があります。
そこでフランチャイズの成功方法について、次のページから説明させていただきます。



Copyright © 2014 フランチャイズは成功率の高い方法です! All Rights Reserved.